おだやか家-ODAYAKAYA-

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おだやか家とは

10623404_969704969777427_2270721659347504130_o.jpg


耕し 醸し 和して 晴れ

毎日の暮らしを丁寧にシンプルに。
自然と親しく暮らす、そして自分の中の自然につながる。

人生という道のり、
大地を耕すように、菌が醸されるように、
そして和をもって、晴れやかに生きていたい。

体すこやかに、心おだやかに、命豊かに。

ひとりひとりの内側のおだやかさをベースに、
おだやかな家庭を築き、
そこから、社会、日本、世界、宇宙の平和につなげたい。
そんな思いから私たちはここを「おだやか家」と名付けました。


12769489_10153572704725345_1207413940_n.jpg


「おだやか家」は神奈川県の相模湖にあります。

カズとはる、そして4匹の猫が暮らしています。

2012年、私たちは東京からここに越してきました。

地域のみなさんのあたたかいサポートにより
住む家が見つかり、
畑を貸してくださる方が見つかり、
そして、私たちは大豆と少しの野菜を植え始めました。


_MG_4799.jpg

『自然栽培』

「肥料も農薬もいっさい使わず、愛をこめて育てれば、
虫もよらない、健康でおいしい野菜が育つはず」

そう信じて始めました。

試行錯誤。
観察して、調べて、試して、また観察して。

「農家はいつでも一年生」
そんな言葉をいただきながら、
一年が経ったころ、ありがたいことに美味しい枝豆、そして大豆が取れ、
私たちは、自給した豆で味噌を仕込むことができました。


「豊かだ」

この暮らし、この心豊かな体験をシェアしたい。
そう思い2013年6月から「だいずのいのち」という
おだやか家体験イベントをはじめました。

これまで本当にたくさんの方がここを訪れ、
畑に立ち、自然を体験し、自分とつながり、仲間とつながりました。

ここおだやか家で過ごす1日が、それぞれの中に一粒の種をまき、
機が熟した時、自然と芽吹き、花開くことを願っています。

aboutusmiso


―発酵場でありたい―
いい酒を造る蔵は、蔵人が仲良く、それが微生物に伝わりよく醸される。

「おだやか家」は、そんな蔵のように
ここを訪れるひと、それぞれが心地よく過ごせる「発酵場」でありたいと思っています。

ここでは誰もが自然体、ありのままでいい。
自然に触れると、みな力が抜け、子どものような表情になり、笑顔が戻る。

そしてそれぞれが影響しあい、より豊かなものへと発酵をとげる。
本当の豊かさを模索し、見出し、体験できる、そんな場でありたい。

そのために、私たちは日々模索を続けています。
本当に豊かな暮らし、一緒に探していきませんか。


<おだやか家の住人>
住人_はる&カズ

住人_にゃんだ 住人_ジェル

住人_シータ 住人_ラーマ

<畑>
畑写真_おだやかファーム
おだやかファーム(2012年春開墾)

畑写真_奥の院
奥の院(2015年秋開墾)

畑写真_天空
天空(2016年春開墾)

畑写真_TAO
タオ(2016年春開墾)










スポンサーサイト

| コンセプト | 22:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おだやかに、健やかに、幸せに生きていくために・・・

odayaka8.jpg

『おだやか家』とは?

『おだやか家』(おだやかや)は神奈川県の相模湖にあります。

odayaka12.jpg


カズとはる。
そして、ジェル、にゃんだ、シータとラーマという、
4匹の猫たちが暮らしています。

odayaka7.jpg


私たちが営む「おだやかファーム」では、無農薬、無施肥の津久井大豆を中心に、
固定種による循環的な自然農法での野菜作りを行っています。

odayaka13.jpg


<おだやか家の主な活動>

・おだやかファームでの農体験イベント「だいずのいのち」

・手作りの味噌や納豆を作るワークショップ
 「味噌づくりの会」「藁つと納豆作り」「むすびの会」

・ベジタリアンおだやかゴハンの料理教室

・マンツーマンの出張料理教室「女将のおでかけ」

・さまざまな勉強会や上映会といったイベントなど

・おまけに、はるが主宰するYoga Kutirのヨガクラスも開催



こんなことをしています。

そしてこんなことを通して、私たちは、

いかに穏やかに、
いかに健やかに、

そして幸せに生きていくことができるか、を、


ここに集うみんなと一緒に、
楽しみながら探っていきたいと思っています。

odayaka9.jpg

odayaka10.jpg


*************************

『おだやか家』代表、カズの想い 


odayaka2.jpg

311以降、多くの人が、衣食住を全て他者に依存している暮らしに対して、
不安や恐怖を感じたんじゃないでしょうか?

スイッチを押せば火を使え、シャワーが出て、水道が使え、
電化製品を自由に使え、ガソリンもコンビニも24時間いつでも開いていて、
お金さえ持っていれば何の苦労も無く快適さが手に入る生活。

でも、それはとっても脆い物なんだって事。

僕たち二人も多くの事に気づかされました。

石油などの化石燃料が枯渇する、なんて聞いたって、
頭では理解してもリアリティがあまり無かったし。

原発?チェルノブイリはロシアの技術が低かったからであって、
日本は安全って言ってるし。

まぁ多少危険はありそうだけど大丈夫なんじゃないかな、
なんて心のどっかで思ってた。


既にマクロビオティックを知り、ベジタリアンになってたので、
食に関しては一応気をつけていた。

いつかは自給自足、そんな想いが心の片隅にはあった。

はるが、少しずつ、梅や味噌の手作りを始めていたけど、
どうやって安全な食を手に入れるかって事は切実じゃなかったし、
食品はどこかで買ってくる、いわゆる購買型のライフスタイルはそのまま。

それがあの日を境に大きく変化しました。

「食べるものを少しでも自給したい」

そんな思いで、東京の片隅で区民農園を借りて土を耕しはじめました。

やっていくうちに、安心できる野菜でおいしい物を楽しくいただき、
自然の調和の中で循環的な暮らしをしていきたい、って思いが、

どんどん高まってきた。

いつかは田舎暮らし、そう思っていたけど、もう「いつか」なんて言ってる
場合ではなくなり、ふたりで転居を決め動き始めた。

その後、色々な方とのご縁があり、
2012年ここ相模湖にたどり着きました。

そして農や食、環境について学べば学ぶほど、
固定種による循環型の自然農法に惹かれていきました。

おだやか家、おだやかファームで
過去から現在、そして未来へと繋がっていく
いのちの営みに触れ、みんなで遊び、笑い、
楽しみ、味わい、沢山体験して
おだやかで健やかで幸せな生き方
一緒に探していきましょう。

おだやか家 代表
島崎"NadaYogi"和志

| コンセプト | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

相模湖までのアクセス

相模湖、うーん遠いー!と感じた方、
これが意外と近いんです。

騙されたと思って、まずは乗換案内を

Yahoo! 乗換案内


中央線、京王線が高尾まで来ています。
高尾までくれば、そこから中央本線に乗り換えてたったの1駅。

新宿から、中央線快速で1時間13分。
特別快速に乗れたら1時間以内に到着です。

武蔵野線や横浜線を使うと、案外あっという間に、
西国分寺や八王子まできます。

そしたらあともうひと息です

ちなみに、相模湖から下北沢なんて、
電車乗ってる時間たったの1時間5分!

近ーい、でしょ


「相模湖 = なんだかすごーく遠そう!」

というイメージを軽く手離して、気軽に足を運んでほしくて、
こうしてあつくアピールしてる私です

皆さん、お待ちしてますね!

Om Shanti.

| コンセプト | 19:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。