おだやか家-ODAYAKAYA-

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新玉のゴロっと味噌汁

1621966_615715891847480_563031794065344716_n.jpg
<Photo by Chikako Takazawa>

新玉の季節には、こんなゴロっととろりんな感じ、
味わいたいです。

新玉を丸ごと味噌汁に入れました。

味噌は白っぽいものがいいかな。
今日は、麦味噌、白みそのブレンドです。

今が旬のワカメを入れて。

<作り方>

1、皮を抜いた玉ねぎを小鍋にいれて、玉ねぎの肩が隠れるくらいの
  水で茹でていく。

2、串が通ってきたらお湯を足し、柔らかくなるまで少し煮込む。

3、茹で戻したワカメを入れ、すり合わせて味噌を入れて、軽ひと煮立ち。

4、玉ねぎの葉を細かく刻んで彩に。



スポンサーサイト

| 味噌汁 | 11:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

味噌汁のリサイクルスープ


残り物の味噌汁のリサイクルクッキング。

この日は、エノキダケとピーマン。

まずは具だけをフードプロセッサーに入れて、
少し汁を足してガーっと撹拌。

トロリとしたら鍋に戻す。

IMG_541820130407.jpg
そこにタイムを適量入れて煮立たせる。
※今日はタイムにしたけど、バジルでもオレガノでも、
 イタリアンハーブだけでなく、クミンなども味噌に合います。

そして豆乳1カップくらい(残りの味噌汁の分量によるので味をみて適量)
を入れて、軽くに立たせたらできあがり。

IMG_541920130407.jpg
仕上げにブラックペッパーを多めに。

残り物の味噌汁が、あっという間にイタリアンスープに変身。

テキヤキガンモバーガーと共に、休みの日のブランチにピッタリ。

Om Shanti.

| 味噌汁 | 15:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トマトの味噌汁



なんともいえない酸味がいい。

夏は冷やし味噌汁でいただくのも
おすすめですね。

トマト 1個
赤味噌 少し濃い目が美味しい。
出汁 

1、トマトは角切りにしておく

2、出汁を沸騰させ、その出汁で味噌をといておく。
 ※味噌のとき方はこちら

3、沸いた出汁に、トマトをいれ軽くひと煮立ち。
 そこに味噌を溶きいれ、もうひと煮立ち。

夏場は冷蔵庫で冷やしても美味しい。

刻みのりを浮かべたり、シソを入れてもいい香り。

あと、私は隠し味に、クミンをパパっと振り入れることも。
インド料理では欠かせないクミンが、和食に合うんです。

| 味噌汁 | 15:05 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ピーマンとエノキダケの味噌汁

ピーマンがクタクタに煮えて、独特の苦みと甘さが生まれます。
それにえのきの甘さが合わさって、いいお味です。
味噌は白味噌が合うね。

ピーマン 2個
えのき 1株

味噌 

1、ピーマンは細切り。えのきは2㎝くらいにきっておく。

2、だし汁にピーマン、えのきをざっと入れて、火をとおす。

3、味噌をすり溶き、鍋に入れて、ひと煮立ち。



| 味噌汁 | 19:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。