おだやか家-ODAYAKAYA-

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

藁つと納豆

IMG_544620130407.jpg
嵐の予報で中止になった「イチ@藤野・日連神社」。
そこに持っていくつもりで、藁つと納豆を仕込んでました。

家にある保温装備で仕込める最大の数、16個。

仕込、保温、乾燥、冷却、と5日ほど気をかけてできた納豆は、
それはそれは滑らかで、臭みがなく、藁の香りが移り、本当に美味。

うちの津久井大豆は大粒で甘味があるので、
噛みごたえのある大粒納豆ができあがります。

こんなに美味しい納豆は、ぜひ、塩だけで。
IMG_545420130407.jpg

今週末は、いよいよ、納豆作りワークショップ。
あと3名、ご参加いただけますよ。

工業的に、大量生産でない、手作りの納豆の味。
一度味わってもらいたいなー。

Om Shanti.

スポンサーサイト

| 発酵もの | 16:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いちご酵素ジュース


いちごの酵素ジュース。

この横顔を撮りたくてガラス瓶に仕込んじゃった。
なんかもう、これだけで胸躍る感じなんですが

IMG_520520130303.jpg
数日前、カズが16歳のころに知り合った親友が、
彼女と一緒に愛媛から遊びに来てくれたんだ。

彼は松山で活動する鉄作家。
そして彼女は、カフェを切り盛りするお菓子屋さん。

4人で過ごした時間が、今でも私を笑顔にしてくれる。
また大切な友人が2人生まれました。

そしてふたりが持ってきてくれたこの「いちご日和」。

このいちご、ウソみたいに美味しいの!

ってへんな表現だけど・・・、

こんな優しい甘さのいちご、食べたことない、かなり感動もの。

ということで、このまま食べてもいいんだけど、
少しでも長く楽しみたいから、やっぱり酵素ジュースを仕込みました。

IMG_524120130330.jpg

<材料>

いちご 869g 
 ※ヘタをとって洗った後に計量 

砂糖 
 ※甜菜糖の氷砂糖(グラニュー糖) いちごの1,1倍= 960g

麹 9g 
 ※いちごの1%

IMG_524020130330.jpg
「国産ビートグラニュー糖の氷砂糖」

甜菜糖のグラニュー糖って珍しいでしょ?
去年、梅酒を作るときに買ってたものが残ってたので、
今回はこれでやってみました。

ちなみに、ふつう酵素ジュース作るときは、
甜菜糖の上白糖 を使います。

※両方とも検索するとすぐに見つかるからネットで購入するといいですよ。

<仕込み方>
1、ビンの底に砂糖をしく。

2、半分に切ったいちごを重ね、

3、また砂糖を入れて、いちごを重ね・・・と交互に入れていく。
 ※最後に表面を砂糖で覆うので、砂糖を100gくらい残しておきます。

4、米麹をパラパラとふりいれて

5、砂糖で蓋するように覆う。

6、軽く蓋をする、密閉しない。


ここから、毎日1-2回、清潔な手でかき回していきます。

氷砂糖は上白糖より溶けるのに時間がかかると思います。
どんな感じに仕上がるかなー。

Om Shanti.

<参考図書>



| 発酵もの | 13:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。