おだやか家-ODAYAKAYA-

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

<出張料理教室>女将のおでかけ

12804623_867119583397260_6915483445198880363_n.jpg

<女将の出張料理教室>

女将があなたのお宅に伺います!

おひとりでマンツーマンレッスンでも、
お友だちを誘ってグループレッスンでも、

その他、ご希望にあわせて、
出張レッスンいたします。


<概要>

■日程 ご希望にあわせて調整いたします。

■時間 原則 11:00~15:00

■内容のご提案
・野菜しいおうちごはん ごはん味噌汁編、揚げ物上手、煮物上手
・カレーの会
・ベジバーガー
・ヴィーガンタルト
・和菓子
・などなど、その他、ご希望にあわせてアレンジいたします。

■費用
マンツーマン 22,000円 
※日頃の食に関するお悩み、食生活を変えたい、買い物サポートなど、
ご要望にお応えして内容をカスタマイズします。
お気軽にご相談ください。


グループレッスン おひとり 6,000~10,000円程度
※開催する内容によって異なります。
※5名以上の場合、ご相談ください。

☆交通費実費ご請求させていただきます。

■お問い合わせ、お申込み
直接ご希望を伺いながら、詳細を決定いたしますので、
まずはお気軽にお問い合わせください。

info@odayakaya.com

件名:女将のおでかけ として
だいたいのご希望をお書きください。

数日中にお返事させていただきます。

スポンサーサイト

| 女将のおでかけ(出張料理教室) | 15:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『女将のおでかけ』感想:料理への記憶があたらしいものに

先日おでかけした方から、
「女将のおでかけ」の後日、こんな気づきがあったと
メールをいただきました。

私にとって、とても嬉しいメールでした

ぜひ、読んでみてください。


****************************

今まで、台所に立った時、料理を作る時に思い出す体験は、
「あなたは手際がいまいちね」的な母からの評価でした。

すごく手早くてチャキチャキの母は、娘に料理を教えようとしながらも、
有能な助手でない(?)私にイライラしたり、自分でやってしまったり。

同じような体験をしている人も多いとは思うのですが、
そういう体験、私は負のものとして蓄積していたなと改めて思いました。

で、はるさんが来てくれた後、たった1回のことなのに、

ひとりで料理をしている時に、
はるさんと一緒に料理したことをいっぱい思い出すのです。

それも、嬉しい気持ちと共に。

ゆっくりな私の作業を優しく見守ってくれていたな、とか、

お互い温かい気持ちで食材と接したな、とか、

「いいの、いいの、Aちゃんの手の菌も入れちゃえ~」という
はるさんの言葉とか…。

相変わらず、最初の「夕飯づくり面倒だな~」は変わらないのですが、

あの日のことが色々と蘇ってくると、
そのうちに丁寧に温かい気持ちで料理している自分がいたりします。

これは、すごい変化!

そしてこれ、「女将のおでかけ」ですごい大きなことだと思うのです!

私は昔も今も変わらずに母のことが大好きですが、
母への不満はいっぱいありましたし、
チャキチャキの母とは、合わないことがいっぱいでした。

料理もしかりで、やりたいたい、手伝いたい、
なのに結果お互いイライラしていたり。

このように愛はあっても、記憶が負のものになっている場合、
多いと思います。
(私で言えば母ですが、人によって、例えば旦那さんとかお姑さんとか…)

そこで、はるさんの登場。

温かい優しい料理で、料理への記憶が新しいものに。

そして、料理を通して、過去の記憶が蘇り、
自分が持つ料理へのイメージにも気づいていきます。

こんなことが起きるのは、
マンツーマンで、しかも、自分の家でやるからもあると思います。

何だか長くなっちゃいましたが、これ、最近の気づきで、
すごーいと思ってしばらく観察してみてました。

****************************

料理というのは、私たち女性にとって、
母との関係性だったり、自分の女性性への意識だったり、

そういうもの深く関わってるものなのかもしれませんね。

感想を送ってくれたAさん、
本当にどうもありがとうございました。

女将はるーたより
愛をこめて


| 女将のおでかけ(出張料理教室) | 22:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

旦那さまのお誕生日のお祝い

_MG_519620130625.jpg
<Photo by Chika>

旦那さまのお誕生日のお祝い。

こんなテーブルで迎え入れたら、だんなさん、泣いちゃうでしょ?
っていうくらい、素敵なおだやかゴハンができました

おだやか家のコンセプトは、あくまでも、毎日のケの料理。

ハレの料理じゃなく、日々のテーブルを豊かにするゴハン。

なので、おもてなし料理も決して特別のものじゃなく、
いつものゴハンに少し彩りを加えたり、ほんのちょっとひと手間加えたり、
そんな感じで仕上げていきます。


とはいっても、ケーキは別でしょ
これは本当にスペシャルな存在だから。

先月、藤野のかまたさんのケーキ作りWSでやったフルーツタルトを、
ホールケーキでシェアしてきましたよ。
_MG_517520130625.jpg
<Photo by Chika>

今日のちぃのセレクトは、桃と甘夏とキウイ、そしてブルーベリー。
タルト台に塗るジャムは、
おだやか家特製の無農薬柑橘のママレードを使いました。

ミントを飾って、完成。

ところで、
後ろのカワイイお花、なんだかわかる?
今日のお料理たちのテーマカラーを決めてくれたようなこのお花は、

なんと、

春菊!

畑の春菊に花が咲いてね、
今日の贈り物にもってきたの。

かわいいでしょ?


_MG_518320130625.jpg
<Photo by Chika>

ケーキができあがったら、
今度は、おだやかゴハンへ。

IMG_729720130625.jpg
ちらし寿司は、テーブルを華やかにするから、
おもてなしには、おすすめです。

_MG_520020130625.jpg
<Photo by Chika>

そして、旦那さんの大好物、ポテトサラダでおもてなししたい、
とのリクエストから、
器を湯むきしたトマトにするだけで、ほらー、最高にかわいい。

_MG_520220130625.jpg
<Photo by Chika>

そして、お椀は蕪のおぼろすまし。

こちらは、精進出汁から作った一品。

蕪はお月さまを、長芋のすり流しがおぼろ雲を表した、
美しい精進料理。


ということで、
今日の献立、まとめると。

・季節のフルーツ盛りだくさんの
 豆乳ココナッツクリームのタルト 

・キノコたっぷりのちらし寿司
・蕪のおぼろすまし
・車麩の竜田揚げ
・ゴボウの竜田揚げ
・ポテトサラダ、トマトのファルシー

こんな感じでした。

帰宅した旦那さんの笑顔が目に浮かぶ。

楽しく、おだやかな食卓を、囲めますように。

女将はるーた
愛をこめて

Om Shanti.


| 女将のおでかけ(出張料理教室) | 08:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

元気になる、シンプルで華やかなおもてなしゴハン

IMG_709420130619.jpg
この日の『女将のおでかけ』は、
将来、世田谷のご自宅で、お惣菜屋さんを開きたい、という
夢を持つ由美子さん。

そのためにも、おだやかゴハンのエッセンスを知りたい、ということ。

そして、シンプルでいて華やかなおもてなしゴハン。
また少し落ち込んでるとき、食べて元気になるようなゴハン。

そんなリクエストをもらって出来あがったのが、

IMG_709620130619.jpg
こんなすてきな「おだやかテーブル」です。


今日の献立

・サラダうどんバンバンジーソース
・味噌汁(しいたけ、みょうが、オクラ、紫蘇)
・大根のフライバジル風味
・人参葉のかき揚げ
・玉ねぎの根っこ天ぷら
・のらぼう菜のオリーブオイル蒸し焼き
・小松菜と入り豆腐炒め
・採れたてのカブと麹南蛮
・カブ葉の和え物2種(ゴマ甘酢と磯和え)
・おまけ * 余ったころもで作ったドーナツ


あぁ、また10品も作っちゃったんだ(^^;)
ついつい・・・、湧き上がるもんでねぇ。

お客様をもてなすとき、私が楽しんでることは、ちょっとした驚き、
サプライズ感って大切だと思うの。

だから、隠し味を意外なものにするとか、フライや包み揚げの中身が、
食べたときに、えー?って思えるものにするとか。

その、ちょっとした驚きの美味しさが、
豪華さじゃない、心のこもったおもてなしになると、想うんだ。

IMG_709920130619.jpg

これ何のフライ?
大根?

醤油とバジル?

えー!

とか、

これ何?
え、根っこ?
玉ねぎの根っこ??

おいしー!!

みたいな。

そんな驚き。
(あひるちゃんも驚く!?)


IMG_709720130619.jpg
そして、本当に新鮮で、命溢れる野菜たちを、
愛情込めて扱ったごはんは、

IMG_710120130619.jpg
ただそれだけで、ひとを元気にすると、

私は思ってます。

IMG_71112030619.jpg
今回うれしいことにご主人もいらっしゃって、
ふたりで作ったおだやかゴハンを、美味しそうに食べてくれました。


将来、由美子さんのお惣菜屋さんがオープンしたら、
私も駆け付けたいな。

ひと手間かけることは、時間はプラスされるけど、
自分自身がリラックスできる、って知りました、と言ってくれた由美子さん。

きっと優しいお惣菜をつくる女将になるでしょうねー。

楽しみ。


<おまけ>
IMG_707120130619.jpg
そうそう、今朝も早朝収穫した「おだやか野菜のセット」、
今日から新ジャガが入りました。

女将はるーた
愛をこめて

Om Shanti.


| 女将のおでかけ(出張料理教室) | 08:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

脱マンネリ!味のバリエーションを増やしたい

IMG_6879.jpg
今日の「女将のおでかけ」は、

赤ちゃんがいるから料理なんて習いにいけないし、
家にきてくれるなんて嬉しい、と呼んでくれた陽子ちゃん。

日々の料理の悩みは、なんだかマンネリ、
そして味のバリエーションが少ないこと。

ということで、箸も移ろういろんな味覚、食感が楽しめる
7品を作ってきました。
601704_10201121898030901_1271572297_n.jpg
<photo by Yoko>


今日の献立

・エンドウ豆ゴハン
・味噌汁(しめじ、ゴーヤ、トマト、豆腐)
・ひよこ豆のコロッケ
・人参の葉のかき揚げ
・ひじき、にんじん、しめじ、春菊、玉ねぎの重ね煮
・海苔と野菜とナッツのサラダ、わさび醤油あえ
・おかひじきの酢味噌あえ
・おまけ * 余ったころもで作ったドーナツ

コロッケ食べたいとのリクエストに、眠っていたひよこ豆が活躍。
揚げ物ついでに、絶対に失敗しないかき揚げのコツをお伝えしました(o^^o)

IMG_6895.jpg

あかりちゃんも、全部喜んで食べてくれて嬉しかったなー。
IMG_6891.jpg

今ごろ旦那さんが帰ってきて、みんなでおだやかな食卓を囲めてるかな。


私は、おだやかな家庭をたくさんたくさん作りたい。

私は家庭からあらゆる暴力をなくしたいんです。
肉体的にも精神的にも、言葉の暴力、思考の暴力すら、なくしたいんです。

それには食事がもたらす影響がとても大きいことに気づいていたいと思ってます。

おだやか家の女将は、一軒一軒おでかけしながら、
そんなことをお伝えしたいとおもってるんです。

Om Shanti.


| 女将のおでかけ(出張料理教室) | 15:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。