FC2ブログ

おだやか家-ODAYAKAYA-

2013年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年06月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

友達夫妻が来てくれて

IMG_584520130430.jpg
友人夫妻が「おだやかファーム」を訪ねてきてくれました。

IMG_575520130426.jpg
まずはスナップエンドウの収穫から。

この子達は、実は去年の秋ごろ蒔いたもの。

思いがけず冬の寒さが早く来てしまい、その間ネットをはって様子を見てた。
小さな体をギュッとしめて、まるで冬眠に入ってしまったよう。

あの大雪の中も、マイナス気温の中も、霜が降りても耐えてくれた。

そして3月に入って気温がグンと上がってきた途端、
ふわりと目覚め、背丈がすーっと伸び、ほんのひと月半ほどで花が咲き始めた。

IMG_575320130426.jpg
今はもう、ふくよかなスナップエンドウがぶらんぶらん。

IMG_584720130430.jpg
大収穫ですよ。

IMG_585420130430.jpg
そしてこのニンジンもまた、冬を乗り越えてくれた子たち。
まさに、雪の下ニンジン。

IMG_586220130430.jpg
少し細身だけどよくがんばったね。
寒さに耐えると糖度がます、甘味があって美味しいだろうな。

今日の夜は、ニンジン葉のかき揚げでいただきます、ありがとう。

収穫が終わったら、はい次。

IMG_586820130430.jpg
今度は・・・

IMG_587320130430.jpg
しょうがの植えつけです。
うーん、いい香り。
IMG_587120130430.jpg
等間隔にしょうがを土中へ。

その作業を見ながら、私の中ではすでに、新生姜で作るしょうがゴハンが。
楽しみが増えるなぁ・・・。


IMG_586420130430.jpg
その頃カズは・・・、

堆肥を振るってました。

IMG_586520130430.jpg
これは、去年の秋に収穫した大豆の殻で作った肥やし。

米糠や放線菌を混ぜ合わせ発酵させた堆肥は、
まるで森の土のように柔らかく、いい香りがするの。

目をつぶると森林浴、な気分になるんだよ。

IMG_587620130430.jpg
その堆肥とカキの貝殻からとった石灰質をまぜて土中の肥やしにします。

うちは、堆肥にも動物性のものを使わないようにしてるの、
これはカズの想いであり、チャレンジです。
鶏糞や豚糞を使うと成長は早いけどね。

IMG_587820130430.jpg
そして植えるのはこれ、東京カボチャ。

IMG_588020130430.jpg
柔らかく耕した土を掘り、そこに堆肥と石灰を入れて

IMG_588120130430.jpg
水を入れて湿らせます。

なんか子供のころの泥んこ遊びを思い出し、
盛り上がる大人4人。

IMG_588320130430.jpg
そこへ、ひとつずつ植えてきます。

あの小さな種ひと粒だった子が、
育苗パレットの中で発芽し、

集合住宅から一戸建てへ独立していくかのように。

畑に出る前数日は、朝晩の寒さに慣れるように外で過ごす
時間も経験させました。

IMG_589020130430.jpg
ひとつひとつ、ドーム状にネットをはってあげて完成。

IMG_589220130430.jpg
4人でやるとはかどるね、今日はたくさん作業が進みました。

土と触れると自然と笑顔が増える。
本当に楽しい時間。

IMG_589320130430.jpg
のらぼう菜の菜花を収穫。

IMG_589520130430.jpg
そして新玉ねぎも掘り出してみました。

おー、このひげ根が、また天ぷらにすると美味しいんだ!
さぁお家帰って、おだやかゴハンの準備しよう。

Om Shanti.



スポンサーサイト

| カズの農日記 | 08:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。