おだやか家-ODAYAKAYA-

2015年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年09月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

<夏の終わりのスペシャルイベント>川原の暮らし

IMG_561620140813.jpg

川とともに一日を過ごす『川原の暮らし』 

~シンプルに自然と共存する暮らしへの入り口~


私たちが、初めてここに来たのは2006年の夏。

目の前に流れる清流、
深い山間から見える空、
自然の中に生きる生き物たちにすっかり魅了され、

それから何度も何度も、休みのたびに訪れている場所です。

IMG_551420140819.jpg

ここで私たちは、キャンプをします。
でもそれは、「レジャー」というより「暮らし」そのもの


だって、大昔から「川」は私たちの生活の一部。

ここで顔を洗い、体を清め、着るものを洗い、炊事をし、
人はずっと川の側で暮らしてたんだもの。

IMG_502720140818.jpg

私たちはいつも、自然の中に溶け込むように、ただここで暮らします。
シンプルなツールで、あまり大袈裟じゃなく、とても気楽に過ごします。

IMG_5050.jpg

そのせいか、自然がとても近しく、側に寄り添ってくれるのです。

IMG_303720140819.jpg

ここで暮らした体験は、私たちの日常生活を、

よりシンプルに、より自然体に、
そして、どうしたらもっと自然と調和できるか、

という意識に繋げてくれました。

20140921 (9)


「おだやか家」の原点、
それが、この川原の暮らしにあります。

大切なこの場所をみんなとシェアしたい。
そんな想いから「川原の暮らし」を企画しました。


・日常から離れて、自然の中でおだやかな一日を過ごしたい方、

・キャンプには興味があったけど、なかなか行けなかった方、

・自然の中で、湧水を汲んだり、火をおこしたり、料理をする体験をしたい方、

・川のせせらぎをききながら、マイナスイオンの中でヨガをしたい方、

などなど。
20140921 (16)


七輪で焼いた新鮮な野菜、心おだやかになるごはんを食べながら、
それぞれの想いを分かち合いましょう。

自然の中にいると、私たちは、自ずと正直になるものです。

そんな時間をみんなと一緒に過ごしたい。

ご参加、心からお待ちしております!


■日程
第一回  9月10日(木)
第二回  9月12日(土)

■集合
朝8:00 JR中央本線 相模湖駅

■場所
ご予約後、現地の詳細をお知らせいたします。

■内容
9:00 現地到着

・湧水を汲み
・火をおこし
・朝ヨガ
・七輪でご飯を炊き
・食事の支度
・お待ちかねお昼ごはん
・午後は川原でのんびりリラックスタイム

15:00 片づけ

16:00~ 温泉、夕食

20:00 相模湖駅 解散

■持ち物
動きやすい服装、水遊びができる服装(水着やサンダルなど)、着替え
ヨガマット ※レンタル有
タオルや手ぬぐいなど

■参加費 
8,000円
(相模湖駅-現地の往復交通費、キャンプ場代、飲食費、ヨガレッスン代込み)
※温泉、夕食代は各自実費精算をお願いします。

■定員
6名 (最低催行人数 2名)

■ご予約・お問い合わせ 
odayakafarm@live.jp へメールをお送りください。

  ご予約の際は、
  ・氏名、
  ・参加希望日、
  ・携帯番号とメールアドレス
   ※当日連絡がつくものをお知らせください。
  
 その後、予約確認メールを返信いたします。

■野外でのイベントのため、雨天の場合は中止となります。
中止の場合は、前日の夜、もしくは当日朝5時ごろ、ご連絡さしあげます。

■キャンセルについて 
 大変恐縮ですが、以下の通りキャンセル料が発生いたします。
 どうぞご了承ください。
 
 3日前まで  キャンセル料なし
 2日前~前日 参加費の80%
 当日     参加費の100%
 
 キャンセルの場合は必ずご連絡ください、よろしくお願いいたします。


その他、ご不明な点はどんな些細なことでもかまいません、
遠慮なくお問い合わせください。

皆さんに会えるのを、心から楽しみにしています。

カズ&はる

スポンサーサイト

| ワークショップ・イベント | 10:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。